チラシ印刷なら激安で利用できる通販がお得!|パッと購入

色見本

情報を工夫すること

ハガキ

マーケティング手段として有効なDMには、ハガキを使用したものもあります。DMとしてハガキを使用する時には、顧客に対して伝えたい情報を嫌味なく記載することが大切です。ハガキに記載できる情報には限りがありますので、顧客の脳にインプットされやすい印象的な情報を記載すると良いでしょう。印象的な情報を記載することによって、企業の良さを的確に顧客に知ってもらうことができます。またDMのハガキに印象的な情報を載せることによって、顧客のレスポンス率向上にも繋がります。印象的な情報は色々とあります。例えば、顧客に対してお礼の言葉を綴るのも良いですし、今オススメの商品を載せるのも良いでしょう。手書きで文章を書いてDMとして顧客に送るというのも誠意を伝える手段として有効的だと言われています。

企業がDMとしてハガキを送る時には、嫌味の無いDMを心がけることが大切です。例えば、商品の購入だけをやたら進める、または毎回全く同じハガキを送ってしまうと、場合によっては顧客のレスポンス率を下げてしまうことにも繋がります。何故かと言うと、毎回同じハガキだと最初はレスポンスするかもしれませんが、同じよないようなので段々とレスポンスしなくなってしまうことがあるのです。人間の脳は新しい情報を好むと言われています。DMとしてハガキを制作する時には、新しい情報を顧客に伝えることを心がけると良いかもしれません。DMのハガキを工夫して業績向上に繋げましょう。

Copyright© 2016 チラシ印刷なら激安で利用できる通販がお得!|パッと購入All Rights Reserved.